top of page
検索
  • ochanomaseinavi

自己紹介



お茶の間で語れる   性教育ナビゲーター          さとうゆきえ 1980年宮城県生まれ。女子栄養大学栄養学部卒。 大学時代から性教育に関心を持ち始め、卒業研究では「学校における性的マイノリティ理解と性教育の課題」について論文にまとめる。12年間、養護教諭をはじめ補助教員、特別支援学級支援、教育相談など、学校関係の勤務を通じて、子どもや職員の心身の健康のサポートを経験。 2020年、家庭での性教育の実践を通して、なんでも話せるオープンな家族関係を築くには、性教育が肝であることに気づく。このことを多くの家庭に分かち合いたいと起業。

お母さん方から、性教育についての戸惑いを聞く中で、必要性を感じながらも「恥ずかしい」「話しにくい」「何をどう伝えていいか分からない」として敬遠されていることを痛感。

大切なことこそ、愛をもって軽やかに伝えあえる関係づくりを目指し「お茶の間性教育」という看板を掲げる。

「おうちで始める 性のおはなし」WS初回は募集開始数時間満席。現在の毎月開催に至る。 WSは、性教育への抵抗を緩めるマインドセットが好評で地方からのオファーもある。「こんな話初めてしました!」と参加者がリラックスして性教育を受け入れていくシェアタイムに定評がある。 また、性の話ができる関係づくりのセッションを受けたクライアントからは「いのちや性の話を家族で話せる大きなきっかけでした!」と喜びの声が絶えない。 「恋バナのその先も話せるおうちへ。」という想いで、活動の幅を広げている。

私生活では、2女の母。ちゃんとしなくていい。失敗はネタ。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page