検索
  • さとう ゆきえ

11 未来をつくる 「今」を生きる。

更新日:2021年11月28日

感情と言葉と表現が一致している、私の最大の強みがフルに

いかせている今は、生きているって実感できてたまらない。

強みを自覚していいじゃん自分!

夫や子どもの前でも泣いたり笑ったりがふつうになっている。

力を抜いてリラックスして自分を生きていくことが出会いを広げました。

ワークショップをしませんかと声をかけていただけるようになり、

性教育を楽しみたい方、親子間をリラックスしたい方のサポートもするようになりました。

子育てがしんどいことがあっても大丈夫。

ちゃんと育てたい、も

子どもを守りたい、も

大元は愛だから。

その愛を「心配」や「期待」から

この子は何があっても大丈夫っていう「信頼」に変えていこう。

性教育は子どもが何歳からでも

「あなたはあなたで十分に素晴らしい」って伝えられる。

性教育ってできたかどうか数字では現れない。テストもない。

即効性もない。目の前に課題がなければ、後回しになりやすい。

ただ、未来をつくっているの。

未来につながる希望なんです。

セックスをどう伝えるかに限定しない

いのちの成り立ちから誕生

成長の過程を知ることで

じぶんを肯定し、愛すること

じぶんへの尊厳を呼び覚ますこと

心地よい関係づくりの土台をつくることが性教育です

それは、大人にも子どもにも

条件なしの自己肯定感の土台となるものだと確信しています。

性の話がふつうにできるおとなと子どもが増えていく

子どもがもしもの時に頼れる大人が身近にいる

わたしはじゅうぶん素晴らしいと尊厳をもって生きる

豊かな関係性をつくっていける

そういう安心で豊かな世界を私はつくっていきたいのです。


初めてのワークショップに「緊張する!!おうえんしてー!!」とあわあわしたいたら、子どもたちからの応援♡

0件のコメント